FC2ブログ

シマノ「92バイオマスター1000サイレント」

今回バラしたバイオマスターは
パゴスからオーバーホールしとくわーって
盗って来た奴。

が、ヤラれた。
ので雑に行っちゃう。

全体写真。
92bi1_01.jpg
全体写真ケツから。
92bi1_02.jpg
ちょっと綺麗な感じでしょ。
これ一度お掃除して組んだ後の写真なのです。

スプールもいで。
92bi1_03.jpg
普段通りです。
92bi1_04.jpg
ドラグかりかり音機構が
スプールノブに付いてる。
92bi1_05.jpg
ドラグが現在に比べるとすんごいあっさり。
フェルトがさすがにくたびれていたので
炊いて膨らませたけど、弱ってるには違いないので
自分のもんなら交換してるな。
92bi1_06.jpg
シャフト部分のパーツもあっさり。
当時はとても良いリールだったのになあ。
92bi1_07.jpg
弛み防止ロックのビス外す。
92bi1_08.jpg
この時代のローターってこんなんだった。
92bi1_09.jpg
フタを空けると、バランサーやらストッパーやら。
92bi1_10.jpg
なんとアームの固定は止め輪。
92bi1_11.jpg
こっちはビス。
92bi1_12.jpg
これは大差ないけど
部品精度が現在に対したら見劣りする。
なによりビスのピッチが荒い。木ネジかよ。
92bi1_13.jpg
こやつの向きはこうだ。
92bi1_14.jpg
アームをバラした状態。
92bi1_15.jpg
ラインローラーのパーツ位置。
なまいきにベアリングが入ってるぞ。
92bi1_16.jpg
ハンドルを外す。
92bi1_17.jpg
キャップあるけどハンドルノブはカチ込みでした。
木のT字ノブが古い感じ出ていいね。
92bi1_18.jpg
これだ、始めに書いたけど、ここにヤラれたのだ。
これ、当時のハンドル回してカリカリ音しない
最新鋭機能のためにある、カリカリスイッチストッパー
なんだけど、前オーナーによって
反対にして組まれていたんだ。
92bi1_19.jpg
もうね、ここで何時間も悩んで困って
最終的にこれは無理かもってバラしながらの写真を
捨ててしまったので、組んだ後からまたバラしての
写真なのです。
92bi1_21.jpg
最初、こうなってた。ちくしょう。
92bi1_20.jpg
この頃のリールってバネ材の輪のテンションだけで
はめ込むパーツがあるから向きに困る。
92bi1_22.jpg
シャフトをバラして行く。
92bi1_23.jpg
雑ぅー。ネジのピッチが雑ぅー。
92bi1_24.jpg
これ、なんだったっけ?
逆転防止のツメ?
92bi1_25.jpg
なんかバネ的なやつ。
92bi1_26.jpg
シャフトの固定器具をもぐ。
92bi1_27.jpg
この頃にはワンウェイローラーベアリングなんて
高級品は無え。
そこらのベアリングでカリカリ音を無くす
機能を生み出し、ハンドルの遊びを減らすなんて
シマノの技術は素晴らしいです。
92bi1_28.jpg
粗ぁー。ネジのピッチが粗ぁー。
92bi1_29.jpg
フタ。
92bi1_30.jpg
ベアリングが入ってる。
92bi1_31.jpg
その下に調整座金が2枚。
おそらく個体によって枚数は違うだろう。
ドライブギアに入ってるBIO Iの刻印がかっこいい。
今じゃ合理化してやんないだろうなあ。
かっこいいのに。
92bi1_32.jpg
結構隙間は蜜な感じだけど抜ける。
92bi1_33.jpg
クロスギアやら登場。
パーツは自分のほどキンキンに洗浄はしてない。
どうせ二束三文な値段になるだろうから
そこまでの熱量はあがらなかった。
92bi1_34.jpg
ケツから
92bi1_35.jpg
ピンが抜けるぞ。
92bi1_36.jpg
フタを外すと
92bi1_37.jpg
クロスギアのピン登場。
92bi1_38.jpg
あとはこんなん。
92bi1_39.jpg
ほんでこんなん。

なんで、一度綺麗に組んだのをバラして
写真を撮り直してるのかがアホらしくなって
ここまでで投げやりに終わる。
言うても、絶対に他の中古屋では
やってないレベルのメンテはしてる。
これだけの傷があって、
古い時代の中級リールを
ここまでやってたら絶対に赤字まみれになる。
ガワは汚れてるけどギアはそれほどの
ヘタリは無いし、良いリールなんですけどね。

ええーい、終わりじゃ終わり。
この先は君の目で確かめてくれ。

ついでに
92bi1_40.jpg
コスメ部品が外れかかってたので
接着の見た感じがG17的な気配があったから
G17は無かったのでそれ系の接着剤でひっつけた。
乾くまでゴムでがんじがらめ。

ダイワ「コロネット10」

ダイワのコロネット一門の1人。
「コロネット10」
col10_01.jpg
まだシールも付いたまんまの美麗なお品。
col10_02.jpg
大きな傷も欠けも無し。
col10_03.jpg
なかなか良いぞ。
col10_04.jpg
よよいのよい。

ε =  ε =  ε = (っ。・ω・)っ

col10_05.jpg
ハンドルナット7mm
col10_06.jpg
ネジ!バネ!
col10_07.jpg
フット側のビスが短い。
このタイプは足のビスが短い事は多い。
col10_08.jpg
スプールシャフト受ける所には座金。
col10_09.jpg
ラインストッパーはビスで共付け。
col10_10.jpg
このリール一番やっかいで入り組んだ部分。
なのにシンプルさに、ほっとしますね。
col10_11.jpg
もぐもぐタイム。
col10_12.jpg

col10_13.jpg

col10_14.jpg
逆サイドプレートも外したら
col10_15.jpg
バーラバラ。

ε =  ε =  ε = (っ。・ω・)っ

組んでく。
col10_16.jpg
コートされた所は経年劣化しとるけど
col10_17.jpg
パーツ自体はきれいきれい。
col10_18.jpg
くむくむタイム。
col10_19.jpg

ε =  ε =  ε = (っ。・ω・)っ

♪〜♪♪〜
col10_20.jpg
ウルトラ上手に、組っめました〜!
col10_21.jpg
シールも剥がれずに済んだ。

ε =  ε =  ε = (っ。・ω・)っ

もう1台一緒に買ってたりする。
col10_22.jpg
片方は比較してあまり状態はよろしくなかんでパーツ用。
col10_23.jpg
何に使う???

ダイワ「スーパーミリオネアST-10」

いつごろの年代か知らないけど
ダイワの「スーパーミリオネアST-10」です。
sms10_01.jpg
まあまあ綺麗でねえかい。
sms10_02.jpg
ラインストッパーがボンド付けしてたのは残念。
sms10_03.jpg
しかも下手なんだもの。
もうちょっと綺麗に付けて欲しかった。
sms10_04.jpg
その他は綺麗。
sms10_05.jpg
ただホコリなりのゴミの吸着がたっぷり。
洗いがいあるぜー。

ε =  ε =  ε = (っ。・ω・)っ

バラして行くぞ。
sms10_06.jpg
ナットロックのカバー外して
sms10_07.jpg
ハンドルナットは10mm。
sms10_08.jpg
スタードラグ外して
この時代もスタードラグって名前なんかな。
sms10_09.jpg
メカニカルブレーキ外す。
sms10_10.jpg
パッキン付いてた。
よく経年劣化でちぎれなかったもんだ。
sms10_11.jpg
キャップ部の穴にはスプールシャフトを受けるための
座金とクッションっぽい黒いなにか。
黒が下、受けるのは黄銅座金。
sms10_12.jpg
ブレーキプレート側を外して
sms10_13.jpg
現在と大差ないマグネットブレーキユニットがあらわに。
sms10_14.jpg
スプール取れて
sms10_15.jpg
プレートの分解。
sms10_16.jpg
リール分解してたらよく見る
カリカリ機構のバネ?パーツ。
sms10_17.jpg
マグネット外し、シャフト受けが五角形の止めに
カラーと座金。
カラーは内径5mm×外径9mm×厚み3mm
sms10_18.jpg
ぐるりと眺めて
sms10_19.jpg
逆サイドもオープン。
sms10_20.jpg
ぱっかーん。
sms10_21.jpg
ビスにスペーサーがあるので紛失注意。
sms10_22.jpg
この部品は3×6×2.6mm
座金調整でベアリングに交換出来る。
sms10_23.jpg
プレートを止めてる長ネジは
抜け防止にOリングがある。
小さいので紛失注意。
sms10_24.jpg
ダイレクトリールに比べりゃ
ごちゃごちゃしとる。
現在のリールに比べればパーツ数は半分だが。
sms10_25.jpg
眺めるタイム。
sms10_26.jpg

sms10_27.jpg

sms10_28.jpg
シャフトを外しましょう。
sms10_29.jpg
はずしゃーしょう。
sms10_30.jpg
こんな並び。
sms10_31.jpg
カーボンワッシャードラグや
逆転防止ギアとツメ。
sms10_32.jpg
外したらこう。
ワッシャーは綺麗に洗って
オイル漬けに。
sms10_33.jpg
クラッチ機構をもぐ。
sms10_34.jpg
はい。
sms10_35.jpg
だいぶスッキリとして来ました。
sms10_36.jpg
更にとんとんバラしていきんす。
sms10_37.jpg
クラッチパーツの抑えと
ハンドルシャフトの受けを兼ねてる
金属板を外したけど
入れる時にちょっと悩んだ。
sms10_38.jpg
シャフト取れて
sms10_39.jpg
カラーが出てくる。
これも内径5mm×外径9mm×厚み3mm。
ベアリングがぽん付け出来ます。
sms10_40.jpg
バネとって
sms10_41.jpg
クラッチ跳ね上げパーツとって
sms10_42.jpg
これなんだっけ?
フリッピングスイッチだったけ
逆転フリーになるスイッチだっけ??
sms10_43.jpg
バネの位置。
sms10_44.jpg
ベアリング
内径5mm×外径9mm×厚み3mm
この時代のリールってこのサイズが
よく出て来る。
sms10_45.jpg
外して
sms10_46.jpg
ハズして
sms10_47.jpg
レベルワインダーやで。ピンの方。
sms10_48.jpg
ギアの方。
sms10_49.jpg
バラバラになって。
sms10_50.jpg
ばらばらーん。

ε =  ε =  ε = (っ。・ω・)っ

組みますぞ。
sms10_51.jpg
さっさと。
sms10_52.jpg
さっさと。
sms10_53.jpg
さっさと。
sms10_54.jpg
いい感じ。イイ感じ。

ハイ!カメラ止めてー!!

磁石とカバーが外れたので
sms10_55.jpg
瞬着でええやと引っ付けたら。
1撃で固定化されて少しズレてもうたー。
こんなに瞬間で引っ付くかね。
ま、えっか。
ブレーキがわからんくらい
強なるか、弱なるかでしょ。
この時代のゆるゆるリールにシビアなもんは求めてない。

♪〜♪♪〜〜♪〜

sms10_56.jpg
ウルトラ上手に、組っめました〜!
交換したベアリングやカラーがたくさん余ったね。
sms10_57.jpg
黒々つやつや。
ベアリングを現在精度の新品に交換し
カラー部品も座金調整してぶち込んだので
ハンドルが軽々になった。素晴らしい。
満足っぷりがよかよか。
sms10_58.jpg
よっしゃ。
もう要らん。
封印。
プロフィール

釣りキチ与太郎

Author:釣りキチ与太郎


広島近郊の釣りブログです。
日々トルクメニスタン人女性との出会いを求めてロマンスを探す釣りに出かけるブログです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


リンク