FC2ブログ

「ジャパンフィッシングショー2015其の1」

今年もフィッシングショーの時期がやってきたので
行ってきたのでの記事。写真の羅列になるよ。

東京行ったらあまり美術館の企画で面白そうなのが無くて
時間余ったから金、土の2日行ってやったぜ。


金曜日、起きたらこんな景色だった。
2015fs01.jpg
まじかー。

金曜日は14:00からの開館なので午前中は鎌倉行こうと
してたのに雪。けっこうな雪。
2015fs02.jpg
寒いー。

ま、雪の鎌倉ってのも旅情感あって良いじゃない。
埼京線で鎌倉へ近づいていくとそこは雨だった。

海近いしねー。
戸塚越えたあたりから雪が減ってるのには気づいてたよ。くそったれ。
2015fs03.jpg
ただの雨天なので鶴岡八幡宮やら有名どころの寺やらは行かず
鏑木清方美術館だけ行って、雨なんで図録も買わずに出た。
なぜか鎌倉で帽子をセールしてたので余計なものを買って
初日のフィッシングショーへ。


と、書いたところで初日はプロアングラーへの質問ぶつけの日で
写真がないのでここまで。




土曜日2日目
べの字も参加のフィッシングショー。
2015fs04.jpg
入口に初っ端から加藤誠司が居た。(撮影べの字)
なんでチケットのおじさんオワタになってんだろう。

シマノのブースで面白い事やってた。
2015fs05.jpg
バーチャル世界。
有名釣り人と一緒に釣りしてる感覚を味わえる。
ほんま上向いたり、下向いたりしたら景色が見れて
バスボートが動き出したら前方から風を送り
横に居る美女が霧吹きで水しぶきの演出をしたりする。

これ絶対絵面が面白いと思ったんでシマノのスタッフに頼んで
写真を撮ってもらった。
2015fs06.jpg
帽子被ってたせいで髪がぺったんこで予想以上に面白い絵になった。
完全にバーチャルいきっぱなしのヤバい人っぽい。

さらに凄いって思ったのが、べの字も同時にやったのち
話した事がルアーが目の前に飛んで危なかったって言った事。
俺はそんなシーンなかったぞと言い、もしかして別バージョンと
考えたんだが、俺は美味しそうなポイントをひたすら見てて
映像中の隣のアングラーを見てなかった。
べの字は見てたのでルアーうんぬんになった。
人によって見えるものも変わるって言う夢が広がりすぎるマシーン。
これ凄いよ。まっさきに考えつくのが下ネタってところも凄いよ。

んで、ショアジギングの道具が無いので触っとこうと
モデルチェンジするコルトスナイパーの一番硬い奴を触る。
2015fs07.jpg
松岡豪之さんが説明してくれた。

完全に遊んでる風になる。
2015fs08.jpg
竿さんざん曲げてこんなん釣った事ないんで
わからんのですけどねと言った。
でも、コルトスナイパー良かったんで96のHを買うと思う。

で、シマノと言えばチヌ用品も充実してきた。
2015fs09.jpg
さすが嶋田仁正さんが契約スタッフに入った事で
ネガカリノタテ13、16gが出る。
今までの5、7、10gと幅は一緒で厚みを増したみたい。
チヌって軽いリグばっかり出すけど広島だと
20gぐらいまでは当たり前に使うからね。
他のメーカーも軽いのばっか出してんじゃねえよ。

チヌ用ポッパー
2015fs10.jpg
他のメーカーがなかなか黒カラーをださないなかスタメンに居る。
けど、俺の嫌いなレンズホロなんで買わないと思う。
カップから頭の頂点に水の抜ける仕掛け付きポッパー。

新ワーム。
2015fs11.jpg
シャッドタイプのやつはブリームキャッチャーと同じ素材で
水に浮く。バス釣りでリリパッドの上をすいすいさせるのにも使えそう。

左上のジグっぽい奴はリアにフックとワーム付けて使うやつで
チャターベイトのような強い振動が出るらしい。
うーん使ってみたい。


そしてブルーブルーのブース。
2015fs12.jpg
ブルーブルーメンバー。
俺は村岡昌憲信者なので必ず参拝しなければならない。

開発中のルアーをパシャリ。
2015fs16.jpg
ブローウィンの80サイズ。どう転んでも釣れるでしょ。

で、バイブレーション。
2015fs15.jpg
ナレージのダウンサイズ。絶対チヌ釣れるとしか思えん。
そこら辺は岡山のチヌテスターが結果だすはず。

で、S字系ルアー。
2015fs13.jpg
なぜこれで動くのかって同業者が結構見に来たらしい。
村岡さんよりドヤッと軽めの自慢を聞いた。
信者としては買わなきゃパライソに行けないので買うだろう。

で、ポッパーでいいかな。
2015fs14.jpg
ガボッツってネーミング以外に無いだろうって姿。
絶対ガボッツだよなあ。ポップBとかぽっぷんちゃっくとかだと絶対違うもん。


そしてスミスのブースでのメバペン。
2015fs17.jpg
新しく出たメバペンマグナム。
チヌペンとは違うのだよチヌペンとは。
メバペン開発者に話を伺った。
チヌペンは喫水線ぎり設定の水噛みの良いドッグウォーク設計。
マグナムは水平浮きのスライディング設計。
同意見だったのはメバルは水平浮きが釣れるってところ。

開発した人のスイッチがばちーん入ったのかしらんけど
話が長かったので割愛。
メバペンシリーズいろいろ種類が出てるけど、そのコンセプトは
いまいちエンドに伝わってないですと偉そうに駄目だしして去った。
2015fs18.jpg
こちらチヌペンホタル。
ちなみにメバペンはエリアトラウトにも抜群に効くらしい。
トラウトルアーからの流用が多いメバルのルアー。
たまには逆輸入でメバル用ルアーでトラウトも良いと思う。
俺は管釣りしないけど機会があればメバペンは持って行こう。


ラパラで注目したもの。
2015fs19.jpg
ナイロンって伸び率30〜40%じゃない
こいつは21%。伸びない。触った感じ丈夫。
太いのも出してくれりゃバスに使えるのに。
帰広したらすぐ釣具屋に仕入れてくれと言ったら
もう発注したよと先手を打たれてた。


アピア
2015fs20.jpg
丸の字が新しいヴァンクール見て来てと言ってたので触る
かつ監修者の松尾道洋さんにも話を聞いた。
前のモデルより粘りを持たせたみたいで、ちょっと重くなった。
よりパワフルなロッドに。
触った感じティップの戻りも速く、ぶれない。欲しいけど高い。
ハマチとかいける?と聞いたらもちろんとの事。


フィッシュアローで。
2015fs21.jpg
フラッシュJの秘密。
どう思うこれ? 俺は、んなアホなって感想。
背骨ぼきぼき鳴らして突っ走る生物ってそんなん居らんでしょ。

虫パターンワーム。
2015fs22.jpg
別に虫パターンに興味はそんな無いんだけどね
バス釣りの場合トップとシャロクラで9割済ます人間なんで。
2015fs23.jpg
メバルのイカパターンで使えんかなと思って写真。
こんなんで釣れたら面白そう。


ハピソンで。
2015fs24.jpg
こいつがハピソン最強の明るさヘッドライトらしい。

これは広角で暗闇を歩くのに適してるらしい。
2015fs25.jpg
ハピソンのライトは最初の明るさを抑えて持続性を重視してるとの事で
他社ライトだと初っ端が明るくて電池の消耗に合わせてぐいぐい明るさが
さがるけどハピソンのは明るさが落ちたら電池はもはや無いってさ。
電池交換の目安がわかりやすくて良い。


マグバイト(ハリミツ)
2015fs26.jpg
まさかのナマズルアー開発中。
ハリミツのルアー部門とは言え、淡水用ルアーで初っ端がナマズって
業界初なんじゃないの。絶対買うけどな。


飯じゃ飯じゃあ!
2015fs27.jpg
B級グルメ集合。

こんな肉々しい店が並ぶ中選んだのが
2015fs28.jpg
しらす丼。
絵が地味!!
でも好きなんよ。
肉嫌いじゃないけど肉か魚かなら魚を選ぶ。


Caps
2015fs29.jpg
ストリームトレイルがキャップスの1ブランドって事を初めて知った。


ジャッカルで気になったの
2015fs30.jpg
ビッグバッカーの最大クラスを開発中。
まだプロト過ぎて中板はサーキットボードだった。
予定としては130mmクラスで40g近いのを行く気らしい。
気になる。


ティクトの新製品。
2015fs31.jpg
曲がったワーム。
曲がりで後ろから見たときに鈎を隠す機能らしい。
そこまで要るのかな?刺すのも難しそうだし水の抵抗も変になりそうだけど。


そういやがまかつは余り見てなかった。
2015fs32.jpg
今回は鈎屋が結構出展してたので他回ってたら油断してた。


ブルーストーム
2015fs33.jpg
ありそうでなかったウェーディング用ライフジャケット。
2015fs34.jpg
膨張式なのだ。
でも後ろに紐あって大丈夫なんかな。
まだ村上晴彦氏といろいろ検討中らしいので変わってくると思うけど。


オフト
2015fs36.jpg
手前にある3本が辻本ナツ雄さん(ポッキン)監修の新ロッド
「ミッドナイトラン」
だけど監修はブランクだけらしい。
ポッキンロッドは必ずダウンロックなので期待してたのに
スケルトンシートにアップロックって言う俺の嫌いなタイプになって残念。
ただ、ブランクは良いと思う。
ガイド数はたしか短い方から10、11、12個と多めなので
ガイド多いロッドにありがちな店で触るといまいちで
現場で使うとこれいいじゃん系のロッド。
触った感じでは感度は良さそうだった。ガイド数からパワーもあるはず。

振ったあとグリップエンドをぎゅっと握れば振れが収まって良い感じとポッキン談。

そのポッキン。
2015fs35.jpg
べの字も写ってる。
真ん中の紫っぽいジャケットの彼はかなりのポッキンファンらしい。
中学生ぐらいの時から通ってるとポッキン談。
左下のおばあさん。車椅子の息子?と一緒に来てた。
もっと車椅子でも出来る釣り場を作るべきだと思う。
釣りの楽しさは一緒に味わってなんぼでしょ。
あまりこのブログでは真剣な話はしないようにしてるので
ここらで切り上げ。


泉裕文さん。
2015fs37.jpg
IP-26をシングルフックにするのに適した鈎を聞いた。
がまかつのシングル53#1だって。
コアマンから夏ぐらいにIP用シングルを出す予定と。
これは楽しみである。


濱本国彦さん。
2015fs38.jpg
なんかこの人、落ち着いた感じがあって好感度あるんよね。
どっか行く途中をむりやり捕まえて撮影したので
ハマー「写真?俺ソロでえーの?」
とか気を使ってくれ、余り時間とるのも悪いので
じゃあキャンギャルとってこんな写真になった。

右のキャンギャルがフレームに入ってないと油断してたのか
目閉じの微妙な顔になってたんで、こんなん載せたら商売あがったりじゃあ
とか言われちゃいかんからニコニコマークに変更。


あと終わりにブース写真
2015fs0a.jpg
あーもう長い。

毎回フィッシングショー行くのは楽しいけど
記事が疲れる。
プロフィール

釣りキチ与太郎

Author:釣りキチ与太郎


広島近郊の釣りブログです。
日々トルクメニスタン人女性との出会いを求めてロマンスを探す釣りに出かけるブログです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2015年02月 | 03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28


リンク