FC2ブログ

8月5日「眠りなきチヌ」

 海面は鏡のようで静かだった。
 闇にキャスト音が溶け込んで沖で小石が落ちたような音。反射した街の灯りが波紋を立てた。
 キャストして着水する間際に出て行くラインを止めて勢いを殺しルアーが落ちる音を消さなければならないのだ。音の大小で釣れるチヌの数は変わる。
 ルアーが海底に届くのを待ち、ゆっくりとリトリーブを始めた。こつこつとルアーが石に当たる感触を探りながら、少し大きめの石にあたったところで巻くのを一瞬止める。
 チヌとの間合いを必要としている。再びリールを巻いた時、強く確かな感触に目の色を強めた。ロッドを素早く立てた。
「掛かった。」
 思わず口に出ていた。相手に主導権は一切与えない。チヌの頭をこちらへ向けさせリールを強く巻く、そうすれば自然とこちらへ寄ってくる。足下にある敷石の間際でロッドを立てより強く巻く、チヌは近くのストラクチャーに向かう習性があるのだ。先手を打つ。
 敷石をかわし、フィッシュグリップでチヌを掴む。揉みに揉んでチヌを手中に収めた。
 頭の中がしびれたような満足感とともにチヌを海へリリースをした。
 釣ったチヌにはもう興味はなかった。一陣の風が吹き抜けた。新しい展開になると呟き次の軍略をイメージした。もう迷いはなかった。

北方謙三風釣りブログ。
濃い文章の人は真似しやすいな。
北方先生の楊家将はほんまオススメ。
続編の血涙と一緒に買うのがオススメ。
水滸伝はあの濃い文章が19巻続くのは濃過ぎるので
個人的にはあまり好きじゃない。


本文は脚色(ウソ)が強いので要約。

8/5(Wed)
昨日と同じくチヌルアー行ったでー、釣れた。やったー。
なんでショアジギロッドからラテオMに変えたのに
相変わらず1枚しか釣れんのん。
150805_1.jpg
25cm程度。21:10捕獲。潮位150cm。

目の前で漁してたから、きっとそれ原因、腕のせいじゃない!

------------ヾ(⌒(_'ω')_------------


 潮月/中潮(月齢20.1/宵月)
 天気/前日:晴れ。 当日:晴れ。 次日:晴れ。
 気温/前日:26.1~34.2℃ 当日:26.5~34.8℃ 次日:26.1~35.5℃
 水温/非接触:25.8〜26.0℃
 風 /西ほんのり。
 潮位/干潮19:11(77)〜満潮(翌6日)01:24(355)
 他 /釣行時間21:10-22:30

プロフィール

釣りキチ与太郎

Author:釣りキチ与太郎


広島近郊の釣りブログです。
日々トルクメニスタン人女性との出会いを求めてロマンスを探す釣りに出かけるブログです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2015年08月 | 09月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


リンク