FC2ブログ

エッグアームとミリオネアST-1000

ジャッカルが出した穴釣り用のロッド
「エッグアーム」を買うた。
j_ea_01.jpg
正直こんなもんYoutuberが穴釣り発信してなくて
ジャッカルってメーカーじゃなかったら
売れる様なもんじゃなかろう。
j_ea_02.jpg
しかしながら流石ジャッカル梱包はしっかりしてる。
竿先が当たらない様にケツを固定する仕様。
j_ea_03.jpg
先にもウレタン発泡素材でガード。
j_ea_04.jpg
アホだから下地を黒にしたんで見えねえな。

向かい風だらけの釣具メーカーの中
一番勢いがあるだろうメーカーのジャッカルだから
出来る梱包だよねえ。
こんなの問屋メーカーだったら剥き出しで
トップガイドにタグ付けてバーにぶら下がってる
レベルだぞ。

穴釣りなんでゴリ巻きかと思いきゃ
意外に繊細そうな竿先しとる。
j_ea_05.jpg
意外と細めのティップ。ノギスでの計測0.9mm。ほっそ。
j_ea_06.jpg
ガイドはどっかの中華製だろう。
と言うよりジャッカルが生産を任せてる
中国の工場にあったんだろうね。
リングもハードリングっぽい。
j_ea_07.jpg
グリップはさすがですね。
おもちゃっぽさも有り
かっこいい。
j_ea_08.jpg
デザインにとても邪魔だろう"感電注意"も
裏側に置いてるし。

でもわい、"ベイトリール"付けるから
ここが表になっちゃうのだよ。

と、ここで"ベイトリール"と出したのだけど
じつはロッドの方を後付けで買ったのだ。

先に中古でダイワの「ミリオネアST-1000」
買ったのでこれには穴釣りだろうと
ファッション気分で買った。

ミリオネアST-1000をオーバーホールしたけど
ダイワだし結構弾数は出回ってるはずなので
分解してお掃除したい同好の士の為に
オープンした写真を羅列して載せておくぞー。
わーい。
m1000_01.jpg
分解前写真1。左後ろ俯瞰図。
m1000_02.jpg
分解前写真2。右後ろ俯瞰図。
m1000_03.jpg
分解前写真3。前方より俯瞰で。
m1000_04.jpg
分解前写真4。
m1000_05.jpg
左サイドプレートオープン。
m1000_06.jpg
メカニカルブレーキを取ると
役に立ってるのかわからないパッキン出て来たぞ。
当時の分解図なんてないから
パーツ名は適当。
m1000_07.jpg
プレートの裏には巻いた時のクリック音を
鳴らす機構があった。シンプル〜。ステキ。
m1000_08.jpg
ハンドルを外した。
パーツは付いてた順に並べてる。
しっかしオイルが死んでて汚い。
m1000_09.jpg
右サイドプレートを開けたら
一番下のボルトだけ長いぞ。
m1000_10.jpg
パカッとメインの内部を。
m1000_11.jpg
こう言った一番入り組んでる所は
多めに撮っとく方がいい。
m1000_12.jpg
デジカメちょう便利ー。
銀塩時代だったらとても出来ないぞ。
m1000_13.jpg
思ったよりはグリスの付きが少ないし
前オーナーが開けてメンテしてたんだろうね。
以前買ったリョービの「AD30V」なんて
グリスかっちかちでカッターで削ったし。
m1000_14.jpg
黒いプレートは位置決まってるし
組み立てに苦労しないんで
写真は少なめでいいやと少ない。
m1000_15.jpg
バネとか外してみた。
m1000_16.jpg
抜け殻。
レベルワインダーとかは
今と変わんない。
m1000_17.jpg
爪のパーツはギアの下に行っちゃってるけど
これはギアに挟むのだ。
久々に古リールを開けると忘れてる事が多い。

よく折ってしまって終了するので注意。

と、分解したパーツを
灯油漬けに出来そうなもんはして
バフ掛けはめんどくさかったんで
ウィノールで研磨出来るもんはして
脱脂してオイル&グリス注入しつつ
組み立てての

エッグアームにほいっと。
j_ea_09.jpg
ほいほーいwww
大きさ比較用に世界基準CD9付き。
ばっちし似合う〜。
お客さんそれヤバみあふれ過ぎ〜。
買いっすよ買い。
とチャラいアパレルスタッフになってしまうくらい
似合うね。いいですね。
j_ea_10.jpg
リールもとても生き返った感じあふれていいですぞ。
やっぱり赤色はいいですぞ〜。緑FUCK。

として、ラインはダイワのマスターエディション。
ロッドはついこの前発売のエッグアーム。
CD9はフィンランドでもアイルランドでも無く
現行のCD9。
下に敷いたのはダイワのカープユーティリティマット。
現代の道具で揃えてる。

なのに、
ミリオネアの昭和ムード臭が強くて
写真が古そうに見えたので
興に乗って古くさく加工してしまった。
j_ea_11.jpg
お古加工は色味抜いて四辺の周りを焦げ黒くしとけば
なんとかなんねん。

ミリオネアST-1000はちょっとボディの傷が多かったので
パーツ取りにもう1台欲しい所だな。
いつか見つけたら買おうっと。
プロフィール

釣りキチ与太郎

Author:釣りキチ与太郎


広島近郊の釣りブログです。
日々トルクメニスタン人女性との出会いを求めてロマンスを探す釣りに出かけるブログです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2019年01月 | 02月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


リンク